こちらは暮らしにまつわるブログです

薄毛対策はお早めに!

・髪のハリやコシが無くなってきた
・ボリュームが無くなりセットしても髪型が決まらなくなった
・地肌が目立つようになってきた
と感じ始めたら、早目に薄毛対策を開始することが大切です・

「まだ若いし大丈夫」「年取ってきたらある程度ボリューム無くなるのは仕方がない」などと放置していると、薄毛がますます進行してしまうこともあり得ます。

一旦進行してしまうと、改善するにはお金も時間も掛かってしまうので、そうなる前に進行を抑えたいものです。

手軽に始められる方法としては、生活習慣の改善や食生活の改善、育毛剤でのケアなどいろいろ考えられますが、
今回は育毛剤でのケアについて紹介します。

育毛剤を利用することで頭皮の健全な環境を整えて、健康な髪を生育するための基礎を作ることができます。

育毛剤にも様々なタイプのものがあり、血行促進により頭皮へ栄養を届けやすくるタイプや毛根に栄養を与えて髪の生育を助けるタイプなどがあります。
その為、育毛剤であれば何でもいいという訳ではなく、効能などをしっかりとチェックして選ぶ必要があります。

育毛剤にも「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の3つがあり、その点もチェックした方がいいです。

「化粧品」は医薬品ではないので、「髪が生える」という効能は記載されていません。

「医薬部外品」は医薬品ではないですが、その効能が認められている商品になります。

「医薬品」は薬として認められていて、クリニックなどでも使用されている製品になります。
有名なモノであれば「ミノキシジル」を配合した製品などがあります。

一番効果を期待できるのは、やはり「医薬品」に分類される製品です。
ただ、「医薬部外品」でも効果を期待できるのも多く、「医薬品」にこだわる必要はないです。
効能などをしっかりとチェックして判断することが大切なので、効能が認められている製品を選ぶようにしましょう。

関連記事

カテゴリー