こちらは暮らしにまつわるブログです

低品質なシャンプーは髪を傷めます

シャンプーには界面活性剤や防腐剤が入っている

シャンプーには界面活性剤や防腐剤が含まれています。
これらの成分は薄毛の原因にもなりかねないので、低品質なシャンプーを選ぶ際には注意が必要です。

界面活性剤について

まず、石油系の合成界面活性剤は刺激が強いので髪を傷めてしまいます。
合成界面活性剤は泡立ちが良くて、しかも安価なために安くて低品質なシャンプーには良く使用されます。

が、薄毛が気になるという方は、石油系シャンプーは使用しない方がいいです。

おすすめはアミノ酸系の界面活性剤を使用した系シャンプーです。
アミノ酸系の界面活性剤は刺激が弱くて髪に優しい成分になっています。

防腐剤について

防腐剤は、シャンプーの中で雑菌が繁殖しないために入っている成分です。
浴室というのは菌が繁殖しやす場所なので、多くのシャンプーに防腐剤が使用されています。

良く使用されるのがパラベンという防腐剤です。
パラベンフリーとなっているシャンプーもありますが、その場合には他の防腐剤が入っているので注意して下さい。

防腐剤というのは殺菌作用があり、髪を傷めてしまいます。
パラベン以外の防腐剤が使用されていても、髪にとっては良くないので注意して下さい。

防腐剤を使用していないオーガニックシャンプーなどもありますが、
これらには防腐剤の代わりに防腐効果のある植物由来の成分が入っている可能性があります。
植物由来だからといって殺菌効果が無いわけではないの、やはり髪を傷めることには変わりないです。

最後に

界面活性剤は落ちにくい皮脂や整髪料を落とすために不可欠なので、シャンプーには必須の成分です。
ただ、せっかく使用するならアミノ酸系の界面活性剤が入ったシャンプーを使用しましょう!

アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーは値段も高くなりがちです。
特にオーガニックシャンプーは手間も掛かっているので高くなってしまいます。

が、髪の健康を考えると、アミノ酸系シャンプーやオーガニックシャンプーをおすすめします。

関連記事

カテゴリー