こちらは暮らしにまつわるブログです

就寝前の食事も薄毛の原因に!?

就寝前の食事

就寝前の食事も薄毛の原因に!?

就寝前の食事には注意が必要です。

というのも、就寝前に胃に食べ物を入れてしまうと、消化の為に胃の働きが活発になってしまいます。
そうなると、胃に血液の流れが集中してしまうので、頭皮にまで栄養が届かずに髪の生育にも悪影響が出てしまいます。

当然、健康な髪の生育には栄養が不可欠ですが、血液の流れを阻害すると薄毛の原因にもなりかねないので、就寝前の食事は避けるようにしましょう。

また、血流の問題だけでなく、就寝前の食事は肥満の原因にもなります。
肥満になると血流も悪くなりますし、頭皮から分泌される皮脂の量も増えてしまう可能性があります。

そうなると、過剰に分泌した皮脂は酸化して髪の生育を阻害するので注意する必要があります。
皮脂は頭皮を乾燥や紫外線から保護する役割もありますが、過剰な分泌は薄毛の原因にもなりかねないので気を付けて下さい。

基本は、就寝前の2、3時間前から食事を取らないようにすることがおすすめですが、どしてもお腹が空いてしまうこともあります。

そのような場合には、脂肪分や糖分の多い食事は避けて、低カロリーでタンパク質を多く含む食事をとるのがおすすめです。
タンパク質であれば髪の生育に必要な栄養素にもなりますし、小腹も満たせるのでまだましです。

とは言え、やはり就寝前の食事は髪だけでなく体全体の健康にも良くないので、出来る限り避けた方がいいです。

就寝中というのは昼間に受けた髪のダメージの修復を活発に行ってくれる時間でもあります。
また、午後10時~午前2時の間は成長ホルモンが活発に分泌される時間と言われているので、髪の生育にも影響が出ます。

その時間帯に髪へ栄養がしっかりと送られなのはもったいないので気を付けて下さい。

関連記事

カテゴリー