こちらは暮らしにまつわるブログです

クレジットカードを利用に当たって注意すること

クレジットカートの需要は年々増え続けています。
そして、クレジットカートを利用できるお店も増えていますし、クレジットカーの発行を行っている会社も増えています。

クレジットカードを利用すること現金の支払い不要になり、お会計をスムーズに完了させることができます。

クレジットカードを発行するには、まずクレジットカードの発行を行っている会社に申請を行います。
申請後、カード会社による審査が実施されて、返済能力などに問題がないと判断されればクレジットカードの発行を行って貰えます。

カードを発行して貰えれば、その後は、クレジットカードを利用したショッピングを楽しむことができます。

クレジットカードを利用してショッピングをした場合、利用者はカード会社に対して支払いを行うことになります。
そして、カード会社が商品の購入代金の支払いを代行してくれることになります。

以前は、クレジットカードの利用時には、サインや暗証番号の入力が必要でした。
ただ、最近はクレジットカードを専用の機械で読み取るだけの場合多くなっています。

その為、セキュリティに面には十分に注意して利用する必要があります。

まず、毎月必ず利用明細が送られてきます。
郵送ではなく、WEB上から利用明細を確認できる場合もあります。
その利用明細は毎月しっかりとチェックして、不自然な支払いが無いかをチェックして下さい。

もし、購入した覚えのない商品の履歴があれば、即座にクレジットカード会社に連絡して何らかの対応するようにして下さい。

クレジットカードに関する犯罪は年々増加しており、カード会社も犯罪には気を配っています。

例えば、いつもと遠く離れた場所でショッピングが行われた場合には、カード会社から利用者宛てに確認の連絡が届くことがあります。
また、いつもよりも大幅に利用額が増えた月にも、カード会社から確認の連絡が届くことがあります。
もしカード会社から連絡が来たら、必ず確認して、覚えのない支払いの場合には即カード会社に連絡して対応を取るようにして下さい。

また、クレジットカードを利用した際に発行される「お客様控え」は必ず受け取るようにして、保管しておいて下さい。
便利なショッピングを楽しむ為にも、クレジットカードの利用には利用者自身も十分に気を配るようにしましょう!