こちらは暮らしにまつわるブログです

転職活動を成功に導く方法

転職活動を成功に導くためには、まずは転職サイトに登録しましょう。

転職サイトには多くの求人情報が掲載されています。
表には出ていない求人情報も多く掲載されているので、必ず転職サイトに登録しておきましょう。

また、転職サイトによって扱っている求人が異なる場合もあります。
その為、複数の転職サイトに同時に登録しておいて、より多くの求人情報に触れることをおすすめします。

同じような仕事内容でも、AサイトよりBサイトに掲載されている企業の雇用条件の方がいいとか、
同じような雇用条件でも、Cサイトに記載されている企業の仕事内容の方が自分にはより合っている、
みたいなこともありますからね。

もし、地元に戻って仕事を探そうとされている場合、求人情報を探すのは大変です。
そんな場合でも、転職サイトを利用して地元の求人情報を探して応募することもできます。

それに、転職サイトには地域のハローワークには出ていない求人もたくさんあります。
もし転職サイトに登録されていない方は、必ず登録して求人情報をチェックしてみて下さい。

また、転職サイトというのは、転職が上手くいった場合に転職サイトの運営企業へお金が入ります。
その為、バックアップ体制も整っている場合が多く、面接対策であったり、様々なアドバイスを貰うこともできます。
それに、転職サイトへの登録や利用は無料なので、安心して利用して下さい。
※転職サイトでは、求人情報を出している企業が費用を負担します。

履歴書には学歴や職歴も必ず記載するようにして下さい、
その際、職歴に関しては全てを記載するようにしましょう。
また、保有資格やスキルがあれば、それらも必ず記載するようにして下さい。

履歴書に貼る写真は、必ず写真館で撮影して貰いましょう。

もし、履歴書にミスがあれば、面倒でも一から作り直すことも大切です。
修正液などで訂正した跡が残っていると汚く見えることもあるので、人事の方の印象が悪くなる場合もありえます。

志望動機では、ネガティブな内容は避けて下さい。
ネガティブな人間よりもポジティブな人間の方が印象も良くなりますし、より一緒に働きたいと思って貰えます。

間違っても前職の悪口は言わないで下さい。

それと、面接には応募先企業のリサーチもしっかりと行うことも大事です。
特に志望度の高い企業の面接を受ける時には、ホームページを見て、その企業の情報を隅々までチェックしておきましょう。

「どんな風土なのか?」「どのようなサービスを展開されているのか?」を知っておくことはとても重要です。

それと、ホームページにのっている企業理念も重要です。
企業理念にそぐわない発言をしてしまうと、面接官の印象がいっきに悪くなります。
「ウチの企業の理念も知らずに応募したの?」と必ず思われてしまいます。

他にも、清潔感のある見た目、はきはきとした受け答えも重要です。
面接官も人間なんで、
見た目に清潔がないな。。。とか、根暗な感じの人間だな。。。
と感じます。

特に体育会系の会社や営業中心の職種だと、まず通ることはありません。
彼らは同じ体育会系のノリについてこれる人間を好むので、無理にでも明るくふるまって、はきはきと話せるように準備しておくことも大切です。

関連記事